<< 罵り言葉 | main | 朝食メニュー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2011.02.09.Wed. | - | - |

サウスバウンド 上 (1) (角川文庫 お 56-1)

文庫化して平積みされてたので、暇つぶしのつもりで読んだら大変面白うございました。上巻で親友たちと繰り広げる大冒険もワクワクしたけど、下巻で家族全員がおとうさんのペースに巻き込まれていくどたばた感にはニヤニヤ笑いが止まりません。クライマックスシーンとか、もう負けるの分かりきってるのにものすごい期待感と爽快感。二郎のツッコミもいちいち面白い。
タイトルは「南風」ってことでいいのかしら。爽やかでかっこいいラストシーンでした。

読み終わってから、ようやく作者が『空中ブランコ』の人だということに気付きました。ああ、きっとあの話も面白いんだな。

| 本・マンガ | 2007.09.10.Mon.23:57 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 2011.02.09.Wed. | - | - |

Comment

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

| 藍色 | 2009/03/13 4:17 AM |

>藍色 様
素敵な書評ブログからT/Bを送っていただき、ありがとうございます。
せっかくのお申し出ですが、現在、当ブログはアニメファンブログになっています。このエントリも単独で読み応えのある内容とは言い難く、そちらからいらっしゃる方が戸惑われるのではと思いますので、今回は遠慮させていただきます。
あしからずご了承ください。

| 坂水 | 2009/03/13 10:41 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://paysage.jugem.jp/trackback/143

Trackback

サウスバウンド 奥田英朗
小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。 型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた大傑作ビルドゥングスロ...

| 粋な提案 | 2009/03/13 4:16 AM |